おすすめの育毛シャンプーや薄毛予防に関してまとめたサイトです。

そろそろ本気で育毛シャンプー

基礎知識

男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」とは

更新日:

薄毛治療のカギは男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」

薄毛の原因の主なものに男性ホルモンが関係しているとよく言われます。
学生の頃、先生に言われた一言で「ヒゲが濃い奴は将来禿げるぞ」と言われたことを今でもよく覚えています。
その頃は「なんで体毛やヒゲが濃いと髪が薄くなるんだ?」と疑問に思ったものですがそれも今では理解できます。

そこで関係してくるのが男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」の存在です。

「DHT(ジヒドロテストステロン)」の影響とは

この男性ホルモンの作用として

  • 体毛の増加
  • 薄毛の進行
  • ニキビ

などが挙げられます。もろに薄毛に直結しているホルモンなのです。

そんなに必要のない体毛は濃くなるのに頭は薄くなっていくなんてなんだか理不尽な感じがしますがこれが事実です。

つまり薄毛の進行を止めるにはこの「DHT(ジヒドロテストステロン)」をうまく抑制しなくてはいけないというわけです。

DHT(ジヒドロテストステロン)が発生するメカニズム

薄毛の原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)はどのように発生してしまうかですがそれにはテストステロンが関係しています。

テストステロンはDHT(ジヒドロテストステロン)と同じく男性ホルモンの一種なのですがテストステロン単体では薄毛に影響してくるものではありません。

むしろ男性らしい体や骨格を作り出し男性的な魅力を生み出してくれるホルモンなのですがここに5αリダクターゼという酵素が結びつくことでテストステロンはDHT(ジヒドロテストステロン)に変換されてしまうのです。

テストステロン+5αリダクターゼ=DHT(ジヒドロテストステロン)

DHT(ジヒドロテストステロン)の発生を抑えるために5αリダクターゼの抑制を

つまりDHT(ジヒドロテストステロン)を発生させないようにするには5αリダクターゼをいかに抑制できるかというところにかかっているわけです。

5αリダクターゼは体内で生成されている酵素なのですがそれ自体がすべて悪影響というわけではなくテストステロンをサポートする役割の担っているのですが一方でDHT(ジヒドロテストステロン)を発生させてしまう物質でもあります。

テストステロンと5αリダクターゼの結びつきには個人差もあるのは確かなのですがこれは遺伝が関係していると考えらるのでそこを改善するのは難しいでしょう。

となると5αリダクターゼを少しでも抑えテストステロンと結びつく量を少しでも減らすというのが薄毛治療には必要になってきます。

5αリダクターゼを抑える効果のある成分などにはノコギリヤシイソフラボンがあります。体毛が濃い人は薄毛になりやすい体質?の記事にも記載していますので参考にしてみてください。

-基礎知識
-, ,

おすすめシャンプーランキング

プレミアムブラックシャンプー

21種類もの天然植物成分を配合!「洗浄」「栄養補給」「保湿」に拘ったプレミアムシャンプー

 

ウーマシャンプープレミアム

馬油を配合し、ふけ・かゆみのない健康な頭皮へ!

Copyright© そろそろ本気で育毛シャンプー , 2018 AllRights Reserved.