おすすめの育毛シャンプーや薄毛予防に関してまとめたサイトです。

そろそろ本気で育毛シャンプー

基礎知識

ヘアサイクルを理解して自分の抜け毛をチェックしてみよう

更新日:

一般男性の平均的な髪の毛の本数は約10万本あり、私たちの髪は自然に抜けていきそしてまた新しい髪が作りだされて生えてきます。

一体どれくらいの周期で髪は自然に抜け落ちていっているのか、なぜ薄毛になってしまうのかを正しいヘアサイクルを知ることで理解していきましょう。

ヘアサイクルの流れ

成長期

ヘアサイクルは3つに分けることができるのですが成長期は毛母細胞によって作られた髪の毛が成長し生えてくる期間です。この成長期は正常だと2~6年続き私たちの髪の毛として活躍してくれます。

退行期

退行期はそれまで元気に活動していた毛母細胞が弱まっていき間になり髪の毛の成長が止まってしまう期間になります。この期間は約2週間です。

休止期

休止期は言ってみれば毛母細胞がまた元気に活動するための充電期間のようなもので毛根部にある毛球と呼ばれる部分が退化してしまっている状態です。

この期間は3ヵ月続き新しい髪の毛が生えてきた場合に押し出される形で活動を終えてしまった髪は自然に抜けていきます。

ヘアサイクルはこの3つの周期を繰り返していきます。

抜け毛が増えるのは成長期が短くなってしまうから

このサイクルが乱れてしまうとどうなってしまうかというと正常な場合の期間が2~6年と言われている成長期が数か月~1年と短くなってしまうのです。

つまり通常なら2~6年は抜けずに頑張ってくれているはずの髪の毛は数か月で抜け落ちてしまい髪の生産が追い付かなくなってしまっているのです。

サイクルが乱れてしまうのは様々な原因によって起こるAGA(男性型脱毛症)によるもので改善をしなければ負のサイクルが続いてしまうことになります。

薄毛の原因「AGA」とは?

最も多い薄毛の原因は「AGA」 薄毛になっていく原因は人それぞれ違います。遺伝的なもの男性ホルモンの関係、生活習慣による影響など。 AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略で「男性型脱 ...

続きを見る

男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」とは

薄毛治療のカギは男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」 薄毛の原因の主なものに男性ホルモンが関係しているとよく言われます。 学生の頃、先生に言われた一言で「ヒゲが濃い奴は将来禿げるぞ」と言わ ...

続きを見る

毛根がなくなってしまっている抜け毛が多い場合は要注意

自分のヘアサイクルが乱れてしまっているのかなかなかわからないと思いますが抜け毛をチェックすることで危険のサインに気づくことができます。

通常のヘアサイクルで抜けてしまう太くて丈夫な自分の本来の髪を保っていて毛根も残っているのですが乱れたヘアサイクルの抜け毛は細く短く毛根が確認できない状態になっています。

朝目覚めたときに枕に抜け落ちてしまっている髪やふとした時に抜けてしまった髪をチェックすることで自分の抜け毛が正常なのかどうか判断してみましょう。

ヘアサイクルの乱れは改善することができる

一度乱れてしまったヘアサイクルは元に戻せないのかといったらそんなことはなく改善は可能です。

そもそもヘアサイクルが乱れてしまうのは日々の生活習慣や食生活の乱れ、不規則な生活が原因とされていますので心当たりがある人は意識して日々の生活を変えていかなければいけません。

もちろん短期間だけの改善ではヘアサイクルを正常な状態に戻すのは難しいと思いますので長期的な改善を心がける必要があります。

-基礎知識

おすすめシャンプーランキング

プレミアムブラックシャンプー

21種類もの天然植物成分を配合!「洗浄」「栄養補給」「保湿」に拘ったプレミアムシャンプー

 

ウーマシャンプープレミアム

馬油を配合し、ふけ・かゆみのない健康な頭皮へ!

Copyright© そろそろ本気で育毛シャンプー , 2018 AllRights Reserved.