おすすめの育毛シャンプーや薄毛予防に関してまとめたサイトです。

そろそろ本気で育毛シャンプー

基礎知識

前頭部(生え際)の薄毛の原因と対策は?

更新日:

薄毛の種類は人それぞれ違っていて薄くなっていく箇所は違いますよね。

多くの人は前頭部(生え際)から薄くなっていくタイプと頭頂部(つむじ)から薄くなっていくタイプに分けられます。そして前頭部の薄毛にはM字型とU字型と分けられますが薄くなる箇所によって原因の違いなどがあるのでしょうか。

前頭部の薄毛の原因はAGA

薄毛になってしまう一番の原因であるAGA(男性型脱毛症)が前頭部の薄毛の原因とされています。

おでこが広くなってきてしまったり前頭部の両サイドが後退していってしまうタイプは恐らく一番多いタイプではないかと思いますがほとんどの人はAGAが発症してしまっていると考えてよいでしょう。
AGAの原因として男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)の存在が重要になってきます。DHT(ジヒドロテストステロン)とは同じ男性ホルモンであるテストステロンと5αリダクターゼという酵素が合体することによって生み出される脱毛ホルモンとも言われている物質です。

この脱毛ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)が髪の正常なヘアサイクルを狂わせてしまい髪の毛の寿命を縮めてしまうことで抜け毛が増えてしまうのです。

ヘアサイクルを理解して自分の抜け毛をチェックしてみよう

一般男性の平均的な髪の毛の本数は約10万本あり、私たちの髪は自然に抜けていきそしてまた新しい髪が作りだされて生えてきます。 一体どれくらいの周期で髪は自然に抜け落ちていっているのか、なぜ薄毛になってし ...

続きを見る

脱毛ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)を増やさないために

薄毛治療の鍵はいかにこのDHT(ジヒドロテストステロン)を発生させないかにかかっています。そのためには男性ホルモンや5αリダクターゼを抑えるということが必要になってきます。

食事の改善

最近髪が薄くなってきたという人は自分の食生活を振り返ってみてください。随分と偏った食事になってしまっていないでしょうか?会社の付き合いなどによる暴飲暴食やカップ麺などのインスタント食品中心の食事、私たちの体を作り上げてくれる食事は何よりも大事なものと言ってもいいかもしれません。

髪に必要な栄養素がまったく摂取できていないような食生活を何年も続けてしまっているようでは髪だけでなく健康にも被害が及びかねません。

思い当たるふしがある人は意識して食生活を改善するように心がけてみましょう。

運動不足の解消

運動不足も薄毛予防には非常に効果があると言われています。特にランニングなどの有酸素運動には脱毛ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)を体内に排出してくれる効果も期待できますし、適度な運動はストレスの解消にもなります。

おまけに出てきたお腹も引き締めてくれるわけですから運動を日々の生活に取り入れない理由はありません。

ただし過度な筋肉トレーニングなどは注意が必要になってしまいます。理由として筋トレをすることで男性ホルモンであるテストステロンが分泌されてしまうからです。

AGAを発症していない人にはあまり影響はないかもしれませんがすでにAGAの症状が現れている人やハゲやすい体質の人にとってはDHT(ジヒドロテストステロン)を逆に発生させてしまう原因にもなりかねないのです。

筋トレのし過ぎはハゲる?その原因とは?

「筋トレのし過ぎはハゲる」 薄毛に関する噂話でよく聞くこの話。この話の根拠とは一体なんなのでしょうか? 筋トレと薄毛の関係を調べてみました。 筋トレをすることで増加する男性ホルモン 筋トレをして体を鍛 ...

続きを見る

禁煙

喫煙者の人にとっては無茶な要求かもしれませんがタバコは頭皮に大きな悪影響を与えてしまいます。

タバコに含まれている有害物質ニコチンには血管収縮作用がありそれによって血行不良が起こってしまいます。

新しい髪を作り出すにはちゃんと頭皮まで血が巡って栄養が行き渡るようにしなければいけないのですが血行不良によって血が巡りにくい頭皮に十分な栄養が運ばれなくなってしまいます。その結果として正常な髪の毛の寿命よりも早く抜けてしまいどんどん薄毛を進行させてしまうことになります。

-基礎知識

おすすめシャンプーランキング

プレミアムブラックシャンプー

21種類もの天然植物成分を配合!「洗浄」「栄養補給」「保湿」に拘ったプレミアムシャンプー

 

ウーマシャンプープレミアム

馬油を配合し、ふけ・かゆみのない健康な頭皮へ!

Copyright© そろそろ本気で育毛シャンプー , 2018 AllRights Reserved.