おすすめの育毛シャンプーや薄毛予防に関してまとめたサイトです。

そろそろ本気で育毛シャンプー

基礎知識

IGF-1(インスリン様成長因子)を増やして育毛促進

更新日:

「IGF-1(インスリン様成長因子)」と言われてもなんのことかさっぱりわからないと思いますがこの物質は育毛に関して非常に重要な役割を担っているまさに鍵を握る物質と言われています。

IGF-1が髪に与える影響や増加させる方法などを調べてみました。

「IGF-1(インスリン様成長因子)」の役割とは

IGF-1とは私達の体の中に誰でももっている成長因子です。成長因子とは言ってみれば組織の成長を促してくれるもので髪の毛に関して言えば毛母細胞に刺激を与え活性化や増殖を促進させてくれる役割があります。

IGF-1が近年注目されている理由として髪だけではなくアンチエイジングや老化の防止、血管拡張などの様々な効果が期待されているところにあります。

しかしそんなIGF-1も加齢とともに減少してしまう物質ですのでいかに減らさないようにするか、そして増加させていくかが育毛促進にとっては大事になっていきます。

IGF-1(インスリン様成長因子)が育毛に良い理由

私たちは知覚神経に刺激を与えられるとCGRP(カルシトニン遺伝子関連ペプチド)をいう物質を発生させるのですがこのCGRPが毛乳頭細胞に到達することによってIGF-1が作り出されます。

その結果、髪の毛を作り出す毛母細胞が活性化され髪の成長が促されより丈夫な髪を育ててくれるというわけです。

活発化された毛母細胞が働き続けることで乱れていたヘアサイクルの徐々に正常な方向に向かわせることができます。

IGF-1が減少してしまう原因

ストレス

加齢とともに自然に減少していってしまうIGF-1ですが他の要因も減少に拍車をかけてしまいます。その一つがストレス。

抜け毛とストレスの関係は侮れないというのは多くの人が知っていることだとは思いますが過度なストレスによる血行不良はIGF-1の減少をも加速させてしまいます。

塩分や糖分の摂りすぎ

ついつい取り過ぎてしまう塩分や糖分の摂りすぎもIGF-1を減らす原因になってしまいます。もちろん一切摂取するなということではありませんのでなんでも適量がベストです。

早食いや食べ過ぎ

食べ過ぎてしまうことによる脂肪の増加にともなってIGF-1を減らしてしまう物質が発生してしまうため過度な食事は控えましょう。

また早食いによる噛む回数の低下も知覚神経を刺激するシアル酸量の減少に繋がりIGF-1を減らしてしまいます。

睡眠不足

成長ホルモンは睡眠中に分泌されます。ということは睡眠時間が減ってしまうことで同時にその分泌量も減ってしまいます。

IGF-1を増加させるには

有酸素運動を取り入れる

最近運動不足だという人は有酸素運動を習慣づけることをおすすめします。有酸素運動の効果としてストレスの軽減や血行促進などの効果がありIGF-1を増やす生活習慣の一つとして非常に重要です。

湯船に浸かりしっかり入浴

入浴はシャワーで済ませてしまうという人も多いかもしれません湯船にしっかる浸かることで体が温められ副交感神経が刺激されることによってIGF-1増加になります。

洋食よりは和食中心の食事を

IGF-1を作り出すにはCGRP(カルシトニン遺伝子関連ペプチド)という物質が関係しています。この物質と毛乳頭細胞と合わさることでIGF-1が作り出されるわけなのですがCGRPを増加させてくれる代表的な食材に大豆や豆腐、味噌などがあります。

日本人の朝食にお馴染みの納豆やお味噌汁がIGF-1増加には最適な食材なのですが洋食中心の食生活を送っている人は一度食生活を見直してみるのも良いかもしれません。

-基礎知識

おすすめシャンプーランキング

プレミアムブラックシャンプー

21種類もの天然植物成分を配合!「洗浄」「栄養補給」「保湿」に拘ったプレミアムシャンプー

 

ウーマシャンプープレミアム

馬油を配合し、ふけ・かゆみのない健康な頭皮へ!

Copyright© そろそろ本気で育毛シャンプー , 2018 AllRights Reserved.