おすすめの育毛シャンプーや薄毛予防に関してまとめたサイトです。

そろそろ本気で育毛シャンプー

育毛コラム

自慰行為(オナニー)や性行為は薄毛は進行するのか

更新日:

男性なら一度は意識したことがある自慰行為と薄毛の関係。オナニーのやり過ぎは薄毛を進行させるという都市伝説のような話が男性にとっては当たり前のようになっていますが実際はどうなんでしょうか。

自慰行為(オナニー)と薄毛の関係について調べてみました。

オナニーは薄毛につながるという根拠は?

オナニーをしてしまうと薄毛になるというイメージが定説化してしまっているせいで実際はどういった根拠でそのように言われているのか知らないという人もいると思いますが以下のような話が元になっているようです。

男性ホルモンが分泌される

まずは薄毛と関係の深い男性ホルモンですがオナニーを行うことで多くの男性ホルモンが分泌されるため薄毛につながるということです。

AGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)は男性ホルモン(テストステロン)と5αリダクターゼという物質が結びつくことよって発生するのですが、男性ホルモンが分泌されてしまう=DHT(ジヒドロテストステロン)が多く発生してしまうということが根拠になっていると思われます。

タンパク質や亜鉛が放出される

射精によって放出される精子には微量ながらタンパク質や亜鉛が含まれています。この二つの成分は髪にとって非常に重要なもので髪の毛の生成にかかわる必須の栄養素とも言えるものです。

せっかく摂取した栄養素が射精によって放出されてしまうということで薄毛にも関係しているということのようです。

限度を超えた回数をしなければ問題なし

このようにオナニーと薄毛には関係性が確かにありますがそこまで神経質になる必要もないようです。

男性ホルモンについてはもちろん分泌されてしまうのですがそれは行為を行っていなくても性的な興奮を感じるだけで分泌されてしまうものですし、一度のオナニーが与える影響は心配するほどのものではないということです。

言ってみればオナニーも生理現象の一つです。無理に抑制しようとすればそれがストレスになってしまい逆効果につながってしまうという考えもあります。

かと言って一日に何回してもいいのかというとそうではなく常識的な範囲での回数(1日~2日おき)であれば気にする必要はないと思います。

-育毛コラム

おすすめシャンプーランキング

プレミアムブラックシャンプー

21種類もの天然植物成分を配合!「洗浄」「栄養補給」「保湿」に拘ったプレミアムシャンプー

 

ウーマシャンプープレミアム

馬油を配合し、ふけ・かゆみのない健康な頭皮へ!

Copyright© そろそろ本気で育毛シャンプー , 2018 AllRights Reserved.