おすすめの育毛シャンプーや薄毛予防に関してまとめたサイトです。

そろそろ本気で育毛シャンプー

髪に悪いこと

ワックスを使っていると抜け毛が増える?頭皮に与える悪影響とは

更新日:

ワックスや整髪料のつけすぎはハゲると昔から言われていますが最低限の身だしなみとして毎日つけなくてはいけない人もいると思います。

逆にワックスは薄毛にはそんなに影響しないという人もいるようですが頭皮に与える影響などを調べてみました。

ワックスには頭皮に良くない成分が入っている

ワックスには様々な成分が配合されていますが界面活性剤も使われているのは知っているでしょうか。

界面活性剤と言えば刺激の強いシャンプーにも含まれている成分で正直言って頭皮にはよくありません。

そもそもワックスは油です。髪の毛に油を毎日つけて頭皮に良いわけがないのは明白ではないでしょうか。

ワックスが頭皮に良くない理由

シャンプーの量が増える

これは当てはまる人がいると思いますがワックスをつけない日とつけた日のシャンプーの量に違いがないでしょうか?

これは私自身もそうなのですがワックスをつけた日はシャンプーの仕方が若干変わります。ワックスがついている日はまずお湯で頭を洗い流すわけですがこれだけではワックスが十分に落ちていない感じがするんですよね。なのでその後にシャンプーを少しつけてまずワックスを十分に落としてからもう一度シャンプーをつけるんです。

つまり合計2回はシャンプーをつけてしまうわけなんですけどいくら頭皮に優しいシャンプーを使っていたとしてもこれでは頭皮の洗いすぎになり頭皮が乾燥し、過剰な皮脂を分泌させてしまうことになってしまいます。

手についたワックスを洗い流すとき一回だけでは十分に落とせていない(違和感がある)と感じるように髪に絡みついたものが簡単に洗い流せるとは思えないです。

アミノ酸の結合を邪魔

ワックスに含まれている成分の一つである界面活性剤ですが実はアミノ酸の結合の邪魔をしてしまうことで知られています。

髪の主成分であるタンパク質のケラチンはいくつかのアミノ酸が結合してできていますのでそれを邪魔してしまうということは髪にとっては悪影響でしかないですね。

汚れがつきやすく毛穴を詰まらせてしまう

髪の毛には普通に生活しているだけでも多くのホコリや汚れが付着していています。ワックスなしでもついてしまう汚れがワックスありだとどうでしょうか?

よりたくさんの汚れが付着しますしさらにそれが落としにくくなってしまいます。その結果十分に落とせなかった汚れが頭皮に残ってしまいそれらが毛穴を詰まらせてしまう原因にもなりかねます。

頭皮に悪くないワックスの使い方

髪にだけつけて頭皮につけない

髪の毛だけにつけても決して良いわけではないワックスですがそれが頭皮についてしまった時はさらにダメージが大きいでしょう。

しっかりとスタイリングするために頭皮近くにまでしっかりとつけたい気持ちはわかりますが直接頭皮につけてしまうのは明らかにNGです。

つける量を少なくする

たまに髪の毛をガチガチにしている人を見ることがありますが一体どれだけの整髪料を使ったんだろうって思っちゃいますよね。

そういった人には無駄な忠告かもしれませんがついつい付け過ぎてしまう気持ちはわからなくはないですが少しの量でもなんとかなるものです。

そのほうが髪にもお財布にもいいので一石二鳥ですよ。

帰宅したらできるだけ早く落とす

帰ったらいつも真っ先にお風呂という人はいいのですがついダラダラとしてしまってそのまま寝てしまったりなんていう人も結構いるのではないでしょうか。

そうなってしまったら最悪でたっぷり汚れが付着した髪が頭皮にもついてしまいます。ぜひ帰ったらすぐに落とすのを習慣づけてはどうでしょうか。

まとめ

ワックスには明らかに頭皮に影響を与えてしまう要素があります。

それでもつけなければ外も歩けない、仕事に行けないという人もいますので頭皮のことをちゃんと考えて使うようにしなければいけません。

髪の毛が無くなってしまってからではオシャレもできませんからね。

-髪に悪いこと

おすすめシャンプーランキング

プレミアムブラックシャンプー

21種類もの天然植物成分を配合!「洗浄」「栄養補給」「保湿」に拘ったプレミアムシャンプー

 

ウーマシャンプープレミアム

馬油を配合し、ふけ・かゆみのない健康な頭皮へ!

Copyright© そろそろ本気で育毛シャンプー , 2018 AllRights Reserved.